株式会社オオバ

文字の大きさ

企業情報

沿革

組織沿革

技術沿革

大正11年
(1922年)

大場宗憲が和地工務所の経営を継承し東京市 芝区琴平町にて創業
鉱山鉄道、港湾等の測量設計を主業務とする東京地下鉄を始め全国の私鉄建設のための測量、設計業務に着手する

昭和5年
(1930年)

商号を大場宗憲土木事務所に変更し、東京府豊多摩郡代々幡町代々木富ヶ谷に移転 土木設計、工事監理部門を併設
  • ・宅地分譲分野において測量、設計、工事監理に本格進出する
  • ・7年、大規模宅地造成事業である戸越ニュータウン開発を受注し、ニュータウン開発の先駆を手がける

昭和20年

商号を大場土木建築事務所に変更
戦後の東京復興として住宅、社宅等の建築に着手する

昭和22年

株式会社大場土木建築事務所と改組 建築、土木工事の施工部門を併設
駐留軍の飛行場、基地、レーダーサイト等の、測量、設計業務を手がける

昭和25年

子会社 大場木材工業(株)を設立
水道幹線、浄水場等の測量業務に着手する

昭和28年

名古屋支店を開設
民間不動産の地籍確認等の測量業務に多数着手する31年、官公庁測量、設計業務に本格進出する

昭和34年

本社に航測部門を設置
空中写真図化機を導入し航空測量分野に進出する

昭和37年

大阪出張所を開設
大型住宅団地、ゴルフ場開発を手がける

昭和39年

大阪出張所を支店に昇格
大型ニュータウン建設業務等の開発土木業務を主業に展開する

昭和40年

本社、名古屋支店に区画整理部門を新設
区画整理業務に本格進出する

昭和42年

大場木材工業(株)を合併
設計部門内に計画課を設け、ユニークな団地形成に寄与する

昭和44年

新本社ビル、東京都目黒区に完成
本社にコンピュータシステムを導入し技術開発、計算図化業務のスピード化並びに経営管理手法の近代化を進める

昭和46年
(1971年)

商号を株式會社オオバに改称し、東京支店を分離
建売分譲等の不動産業務に進出する

昭和47年
〜 54年

  • ・47年、東証二部に上場、株式を公開/福岡出張所を開設
  • ・48年、仙台出張所を開設
  • ・49年、本社を東京都渋谷区に移転
  • ・50年、静岡営業所を開設
  • ・50年、広島営業所を開設
  • ・54年、横浜営業所を設立
  • ・48年、環境アセスメント並びに地域計画分野に本格進出する
  • ・49年、上下水道設計分野に本格進出する

昭和55年

  • ・福岡出張所を支店に昇格
  • ・仙台出張所を支店に昇格
  • ・市街地再開発事業、補償調査業務に進出する
  • ・56年、コンピュータシステムのオンライン化を実現する

昭和58年

  • ・千葉営業所を開設
  • ・59年、盛岡営業所、北九州営業所を開設
  • ・60年、秋田営業所、埼玉営業所を開設
  • ・59年、CADシステムを導入する
  • ・59年、技術研究所を設立

昭和61年

環境開発デザイン研究所を設立
  • ・地理情報業務に本格進出する
  • ・トータルステーションシステムを開発し62年、建設省技術評価を受けた

昭和63年

広島営業所を支店に昇格
 

平成元年
(1989年)

  • ・関係会社:(株)オオバクリエイトを設立
  • ・茨城営業所を開設
  • ・仙台支店を東北支店と改称
  • ・2年、GISテクニカルセンターを開設する

平成4年

横浜営業所を支店に昇格
GPS精密測量を導入し、活断層の変位測量等の精密測量に進出する

平成5年

  • ・盛岡営業所を東北・北支店に昇格
  • ・大分営業所を開設
環境情報センターを開設する

平成6年

  • ・福岡支店を九州支店に改称
  • ・三重営業所を開設
  • ・長崎営業所を開設
社内電子メールサービスを開始する

平成7年

  • ・札幌営業所を開設
  • ・岐阜営業所を開設
  • ・山口営業所を開設
阪神淡路大震災の復興にGIS、区画整理等の部門が協力する

平成8年

  • ・埼玉営業所を北関東支店に昇格
  • ・福島営業所を開設
CALSセンターを開設する

平成9年

佐賀営業所を開設
GISテクニカルセンターを廃止し、GIS部に併合する

平成11年

  • ・奈良営業所を開設
  • ・鹿児島営業所を開設
 

平成12年

  • ・滋賀営業所を開設
  • ・川崎営業所を開設
PFI推進センターを開設する

平成13年

千葉営業所を千葉支店に昇格
国土交通省によるGIS実証実験に参加する

平成14年

山梨営業所を開設
中国で現地民間企業との合弁会社「上海精策都邑空間」および「不動産研究所有限公司」を設立する

平成15年

  • ・沖縄営業所を開設
  • ・神戸営業所を開設
(株)EM研究機構と資本・業務提携する

平成16年

  • ・都市再生事業本部、環境本部を設立
  • ・群馬営業所を開設
  • ・大阪支店を大阪市北区中之島に移転
 

平成17年

  • ・広島支店を広島市中区に移転
  • ・九州支店を福岡市中央区大手門に移転
  • ・名古屋支店を名古屋市中村区名駅南に移転
  • ・浜松営業所を開設
環境省 水・大気環境局 大気環境保全活動功労者を東京支店環境本部長が受賞

平成18年

  • ・本社に内部統制室を設置
  • ・都市再生事業本部を改組し、本社に都市再生推進本部を設置
  • ・富山営業所を開設
  • ・藤沢営業所を開設
  • ・(社)ランドスケープコンサルタンツ協会 協会賞(優秀賞)を東京支店技術者チームが受賞
  • ・(社)日本都市計画学会 学会賞(論文奨励賞)を代表取締役専務が受賞
  • ・(社)街づくり区画整理協会 会長賞(個人賞)を大阪支店技術者が受賞

平成19年

  • ・プロジェクト開発部および都市再生推進本部を統合し、事業ソリューション部を設置
  • ・沖縄営業所を沖縄支店に昇格
(社)ランドスケープコンサルタンツ協会編「美しい景観・まちづくりに役立つ景観55事例」に弊社業務6事例が掲載

平成20年

  • ・名古屋支店を名古屋市中村区内に移転
  • ・本社技術統括部、まちづくり総合技術研究所を統合し、本社に技術本部を設置
  • ・新潟営業所を開設
  • ・三重営業所を津市内に移転
  • ・北関東支店をさいたま市大宮区内に移転
  • ・静岡営業所を静岡市葵区内に移転
  • ・大阪支店を大阪市中央区に移転
  • ・千葉支店を千葉市中央区に移転
  • ・本社に企画本部を新設。総務部、企画管理部、財務部を統合・分割し、企画本部の下に総務部、人事部、経理部、計画部、財務部を設置
  • ・和歌山営業所を開設
  • ・(社)ランドスケープコンサルタンツ協会 一般部設計部門において、奨励賞を東京支店技術者チームが受賞
  • ・(社)日本測量協会 第4回「品質優秀賞」を東京支店技術者チームが受賞

平成21年

  • ・東北・北支店を盛岡市内に移転
  • ・本社営業統括部を改組し、営業本部を新設
 

平成22年

  • ・相模原営業所を開設
  • ・四国営業所を開設
  • ・山口営業所を山口市内に移転
  • ・静岡営業所を静岡市駿河区に移転
  • ・栃木営業所を開設
  • ・三重営業所を津市内に移転
  • ・茨城営業所を水戸市内に移転
  • ・横浜支店を横浜市中区内に移転
  • ・関係会社:大場都市環境設計コンサルタント(瀋陽)有限公司を中華人民共和国に設立
  • ・WebGIS CMAPT4‐WS Ver2.0 リリース
  • ・中国各地からの建設幹部「別荘・商業・グリーン建設視察団」来社
  • ・国土交通省関東地方整備局利根川水系砂防事務所長より優良業務及び優秀技術者表彰を受賞

平成23年

  • ・大分営業所を大分市内に移転
  • ・鹿児島営業所を鹿児島市内に移転
  • ・日本都市整備株式会社を完全子会社
  • ・富山営業所を廃止
  • ・川崎営業所を川崎市高津区に移転
  • ・神戸営業所を神戸市中央区内に移転
  • ・名古屋支店を名古屋市中区に移転
  • ・藤沢営業所を廃止
  • ・震災復興業務推進本部を設置
  • ・事業ソリューション部に復興支援営業部、復興調査・測量・情報本部を設置
  • ・国土交通省中部地方整備局名四国道事務所長より優良工事等表彰を受賞
  • ・「中国湖南省土地開発整備日本視察団」来社
  • ・中国内における活動が業界紙に掲載される

平成24年

  • ・新潟営業所を廃止
  • ・震災復興業務推進本部と事業ソリューション部の復興支援営業部、復興調査・測量・情報本部を統合発展させ、震災復興事業本部を設置
  • ・東北・北支店を盛岡市内に移転
  • ・滋賀営業所を近江八幡市に開設
  • ・「公園施設長寿命化計画策定指針(国交省)」に準拠した公園アセットマネジメントシステム開発
  • ・国内初CMr業務(女川町震災復興事業の工事施工に関する一体的業務)をプロポで特定

平成25年

  • ・宮城県石巻市に子会社 東北都市整備株式会社を設立
  • ・沖縄県国頭郡大宜味村に子会社 株式会社おおぎみファームを設立
  • ・MMS(モービル・マッピング・システム)導入
  • ・技術方針2014東日本大震災等の社内環境変化を踏まえ技術方針2015とし計画を1年延伸

平成26年

  • ・福島営業所を福島市内に移転
  • ・長野営業所を長野市内に開設
  • ・佐賀営業所を唐津市内に移転
  • ・ランニングシミュレータ特許出願
  • ・3Dプリンター導入
  • ・技術発表会2014にて工学院大学の星教授による初の基調講演開催

平成27年

  • ・子会社 株式会社オオバクリエイトを近畿都市整備株式会社に社名変更し、本社を京都府京都市内に移転
  • ・沖縄支店を那覇市内に移転
  • ・子会社 東北都市整備株式会社を宮城県石巻市内に移転
  • ・愛媛営業所を西条市に開設
  • ・システム開発事業部を設置
  • ・福島営業所を福島支店に昇格
  • ・郡山営業所を郡山市に開設
  • ・震災復興事業本部を東北支店に統合
  • ・東証一部に市場変更
  • ・まちづくりの入門書として当社ノウハウと実績を一冊に纏めた「まちづくり学への招待」を発刊
  • ・C-MAPT4の後継システムC-MAPT5のコアエンジンの開発に着手
  • ・CIM推進プロジェクトを設置
  • ・技術発表会2015にて空家対策と題し牧野知弘先生による基調講演

平成28年

  • ・熊本営業所を熊本市に開設
  • ・京都営業所を京都市に開設
  • ・川崎営業所を川崎市川崎区に移転
  • ・相模原営業所を相模原市中央区に移転
  • ・広島支店を広島市中区銀山町に移転
  • ・郡山営業所を廃止

平成29年

  • ・浜松営業所を浜松市南区渡瀬町に移転
  • ・豊田営業所を豊田市に開設
  • ・子会社 株式会社おおぎみファームを解散
  • ・大分営業所を大分市碩田町に移転
  • ・佐賀営業所を唐津市材木町に移転
  • ・鹿児島営業所を鹿児島市西千石町に移転
  • ・長野営業所を廃止